ページの先頭です

バイオチャレンジ

バイオチャレンジの特長

  • バイオチャレンジは有機物に対して鋭く反応する特性を持っています。この性質が優れた浄化剤として効果的に作用。衛生的な飼養環境づくりに貢献します。
    浄化のメカニズム
  • 悪臭の原因である汚染化合物にバイオチャレンジが接触すると、たちまち分子レベルで結合。結合した分子は全く違った物質へ変化させ悪臭を消し去ります。
    消臭のメカニズム
  • スプレーされたバイオチャレンジは微小な粒子となって空中や壁・床などに長時間残留し、断続的に活性分子を供給。長時間にわたり効果を発揮し続けます。
    持続のメカニズム
  • バイオチャレンジは、塩素系酸化剤などのような刺激臭や手あれなどを起こさず、発がん性の副生物も発生しません。人にも、ペットのもやさしい浄化剤です。
    安全の証明

浄化のメカニズム

  • STEP1
    バイオチャレンジの主成分である「安定化二酸化塩素」は、スプレーされると空気と触れ合って活性化した分子となます。
  • STEP2
    空気中にスプレーされたバイオチャレンジ分子は、汚染の原因となる有機物質に素早く結合し、ただちに酸化反応を開始します。
  • STEP3
    バイオチャレンジに結合して、断続的に酸化反応にさらされる有機物質は次第にダメージが深まり、増殖が不可能となり、やがては死滅へと追い込まれます。

消臭のメカニズム

  • STEP1
    飼養環境における悪臭の主な原因は生体の排泄物で、成分でいうとアンモニア、硫化水素、酪酸などです。
  • STEP2
    バイオチャレンジがスプレーされると、空気に触れて活性化し、この汚染化合物に結合。素早く酸化反応を始めます。
  • STEP3
    分子レベルでの酸化反応により、悪臭の原因である汚染化合物は中和され、別な物質へと変化。悪臭の元を消し去ります。

持続のメカニズム

  • STEP1
    空間へスプレーされたバイオチャレンジは、空気中、壁、床などの微小な水滴の中に遊離した状態で滞留します。
  • STEP2
    水滴の中のバイオチャレンジは、空気と触れ合うことにより少しづつ活性化して放出され、有機物質を見つけるとすばやく反応し結合します。
  • STEP3
    水滴中のバイオチャレンジがなくなるまで長時間反応を起こし続け、結果的に浄化・消臭の効果が長く続くことになります。
    当社のデータですが、散布されたバイオチャレンジが最長144時間残留したという記録が残っています。

安全の証明

  • 安全な主成分
    バイオチャレンジの主成分は「安定化二酸化塩素」の水溶液です。これまでの消臭・消毒剤として使用されてきたのが「次亜塩素酸ナトリウム」です。「混ぜるな危険」という注意事項でおなじみの酸化剤です。
  • 副生物を発生しない
    「次亜塩素酸ナトリウム」は、強酸性物質と混じり合うとトリハロメタンなど有害副生物を発生し、人やペットに影響を与えます。 それに比べてバイオチャレンジは副生物がなく、手あれなどもおこしません。
  • 人にもペットにもやさしい
    バイオチャレンジの主成分「安定化二酸化塩素水溶液」は、国内外の保険機構でもその安全性が認められております。毎日使い続けても問題がなく、ペットのみならず飼養に従事する人にもやさしい浄化剤です。